Home > 会社紹介 > 社長挨拶

社長挨拶

信頼される企業に向けて、さらに研鑚・躍進

相互印刷株式会社 代表取締役社長
村岡 万巧

「お得意先様のニーズに沿った提案・行動」を合言葉に

 私たち相互印刷株式会社は、1948年の創業以来半世紀以上にわたって、 お客様に「信頼される製品」を提供するために厳しい品質管理体制への努力を重ねてまいりました。
 現在では、これまでの努力をご評価いただき、 医薬品、化粧品、食品・酒類、情報メディア関連製品などなどの業界各社様を主なお得意先として、 包装資材を中心とした、表示材料全般、各種広告メディアの印刷製造に携わっております。

 2015年9月には、100%子会社である(株)テクノパックを合併し、 新社名を相互印刷株式会社として新たなスタートを切りました。 (株)テクノパックが保有する、シュリンク製品や熱転写フィルムなどの優れた技術と、 相互印刷紙器が長年培ってきた紙製品の技術を融合させて新しい包装形態の開発に取り組み、 幅広い展開を図っていきたいと考えております。

 当社は年々要求水準が高くなっていく品質要求に応えるため、品質管理システムの高度化を図り、 常に業界のリーダーとしての地位を確保してまいりました。 今後もさらに生産管理システムや品質管理システムの高度化・効率化を追求し、 お得意先様に安心して頂ける製品の提供を継続していきたいと思います。

 また、製品を安定的に供給できるように、危機管理体制についても整備してまいりました。 生産拠点は、大阪工場、兵庫工場(現在の工場に加え、 2015年秋には、篠山市黒田地区に兵庫第二工場を竣工)、 関東工場(千葉県)および九州工場(福岡県)に分散し、各工場には、同一機種を配置するとともに、 印刷に関する各種データは、東京、大阪、九州の3拠点で万全なセキュリティー管理の下に冗長化を行って保管しており、 緊急時には関連部門が互いに連携をとって、 当社の工場のいずれかで当社製品の生産活動を継続できる体制を整えております。 また、2013年10月に竣工した関西物流センターは、効率的な物流に寄与しております。

 こうしたハード面での整備に加え、ソフト面では、これまで以上に製品開発部門と営業部門との連携を深め、 お得意先様のニーズに沿った提案が出来るよう開発体制の充実・強化を図っているところです。
 当社は長年培ってきた技術力を背景に、品質、環境に対する企業姿勢を明確にするために、 全事業所においてはISO-9001の認証取得をし、 また、兵庫工場および関東工場においてはISO-14001の認証取得やグリーンプリンティング工場としての認定を受けるなど、 より高品質で環境に優しい製品を安心・安定供給する努力をしております。
 加えて、コンプライアンス経営を目指して、2015年6月には、 全国印刷工業組合連合会のCSR認証を取得し、皆様の信頼にお応えできるよう努力しております。

 技術力といった観点からは、高機能のパッケージの開発・設計業務を充実させ、 新たに建設する兵庫第二工場では、 新設備の導入を行い加飾技術等の開発に積極的に取り組んでいく体制も作り上げていく予定です。 これからも、新しい技術を取り入れ、お客様に信頼され、満足される企業として、躍進してまいりたいと思います。